人生、何でも気合です。

付き合っていてもそんな年の差なんて気になりません!

 

彼のことを大人じゃんって思うときはあっても、普段話している内容はくだらない事だったりするので。

 

それに年上の男性はとても魅力的ですよ。

 

事はスマートに運びますし女性を立ててくれるところもありますし。

 

人生経験豊富なだけあって余裕を感じさせてくれますし、一緒にいて学ぶことも多いです。

 

交際2年目に突入したところです。

 

お互いいろんな不安な気持ちがある中、たいして気取らず、無理もなく、自然なスタイルのまますごく良いお付き合いをさせてもらってます。

 

返って背伸びをして付き合っていたんでは、多分そういうものはいずれ剥がれ落ちてしまうし、そうでなくても疲れちゃってしょうがない。

 

別れる時はどんなことをしても別れるんだし、その別れをなんかの方法で食い止めても、それ以降は精神的な苦労を伴ったお付き合いになってしまうかと思う。

 

自然なスタイルを貫くことが結果的には一番だと思います。

 

彼女には飾らない自分を好きになってもらいましょう。

 

あと、去るものは追わず!ですね。

 

交際経験の少ない人は免疫がないから、ちょっとしたことですぐ勘違いする。

 

私は昔から、なぜか年上の男性に好かれるタイプで「おやじきらー」といわれていました。

 

ですから、15歳くらいの差なんてなんとも思いません。

 

むしろ、同年代の若者にはない落ち着き、人生経験、ビジネスのキャリア、抱擁力、頼もしさで、教わることが多く、彼らから学んで育ててもらったという部分が大きいです。

 

人間的に尊敬できますしね。

 

世の中には、いろんなタイプを好む女性がいますから、年の差だけで卑下せずに、少年のような恋心を素直にじっくりぶつければ、後は受け入れるかどうかは彼女が決めることですよね。

 

そのときに、やたら、年若くみせたり、年上で悟ったりせずに、彼女にはなさせ、好きなことをさせて、私の一番の強み、抱擁力を前面に出して、安定して頼もしいところ、さらには、尊敬してもらえればOKじゃないでしょうか。

 

でも、告白されると、引くかもしれないので、趣味のサークルで特別親しくなることから始めて、だんだん、好きという気持ちをぶつければどうでしょうか?

 

私の場合、二人でお食事にいつも誘われるようになり、だんだん気がつきました。

 

あせりは禁物ですよね、じっくりと、おちついいて、彼女の反応を見ながら進むことでしょう。

 

ただ、相手が22歳なら手を出しても犯罪にはならないってことが救いだな。

 

私がその方にとって魅力的であれば、お付き合い出来る可能性もあるでしょう。

 

実際私自身19歳の時に19歳も年上の男性と交際した経験があります。

 

要は中身という事です。

 

ただ私の場合、その後三年お付き合いしてから破局を迎えてしまいました。

 

理由は私より随分先に老いていく相手との結婚を考えられなかったからです。

 

お付き合いは可能かも知れませんがその先となると困難かもしれません。

 

楽しいお付き合いに限っては問題なくとも、結婚においては年齢差は大きな障壁となり得ます。