お義姉さんの中

「なんか、ぐにゃぐにゃ動いて指を締めつけてくるよ。

 

どうして?」

 

「それはね、修司くんに触られて気持ちいいからよ」

 

「お義姉さん、こうされると気持ちいいの?」

 

「ああっ、気持ち、いいから、あっ、こんなに濡れてるのよ」

 

「へえ、そうなんだあ」

 

無邪気な好奇心であれこれいじられているうちに、わたしの呼吸は乱れ、膣が収縮を繰り返して内部への強い刺激を求めるまでになってしまいました。

 

「はぁ、はぁ、修司くんは、はぁ、はぁ、触って、欲しくならない?」

 

「お義姉さん、触ってくれるの?」

 

「はぁ、はぁ、パジャマ、脱いで」

 

ああ、すごいわ。

 

いつのまに、こんなに大きくなっていたのかしら。

 

ものすごく硬くなって、こんなに反り返って、お腹にくっついているじゃないの。

 

「あっ、気持ちいい、お義姉さん」

 

「こんなに硬くして、もう立派におとなの男ね。

 

我慢してるのかしら、鈴口から透明な汁が出てきてるわ」

 

「お義姉さん、あっ、そんなに、いじらないで」

 

「ねえ、修司くん。

 

わたしの中に挿れてみたいんじゃないの?」

 

「でも、兄さんが」

 

「大丈夫、ふたりの秘密にしておきましょうよ」

 

脚を開いて、自分の指でそこを広げてみせました。

 

驚くほど硬くて滑らかで、太さも長さも夫に引けを取らないほどのものでした。

 

「全部、挿ったわね。

 

どう?」

 

「ああっ、すごく気持ちいい。

 

お義姉さんの中、温かくて複雑に蠢いて締めつけてくるよ。

 

こんなの初めてだ」

 

「動かしてみて、もっと気持ちよくなるわ」

 

「いくよ、覚悟してね」